So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

ご挨拶と、369,000kmを越えた今でも走っている私の車CR-Xデルソルのこと。 [◆CR-Xデルソルについて]

一昔前、国産自動車メーカーは、4年に一度フルモデルチェンジを行い、
そのたびに買い替えを促す風潮がありました。


その背景にはあまり長く乗り続けるとあちこち故障個所が増え始め、オーナーが不満をもちだすのを防ぐという目的もあったようです。


ところが私の車、ホンダ CR-Xデルソルという趣味色の濃い2シーターのオープンカーなのですが、
350,000kmを走っても、走行不能になるような大きなトラブルがまったくありません。
塗装の劣化や、そのまま放置しておくのはまずいなというトラブルはさすがにありますが、道中で故障した、JAFに牽引してもらうほかなかった、のようなトラブルがありません。


crxdelsol.jpg


クルマは、100,000kmを超えると突然あちこちガタがき出すから、ひとつの買い替え指標は100,000km、て、いわれてました。
でもこれは正しいかどうか疑問。なぜなら、タクシーは、バスは、パトカーは、適度なメンテナンスはしてますが平気で300,000kmぐらい走っています。


私は単に乗り換えるお金がなかった、てのもありますが、このCR-Xデルソル、今でも特別なメンテナンスなく乗っています。塗装の劣化をはやくなんとかしたい、ていうのはありますが、


特殊な車ではないので、他の一般乗用車とほぼ同じ扱い方をしています。
定期的なエンジンオイル交換、フィルター交換、あとはブレーキパッドなど消耗部品の交換程度。


360,000km走ってもそれほど大げさなこと、しておりません。



もちろんまったくのノートラブルてわけではないですが、
クルマは長持ちします。使い捨てないで。 ていうことを伝えたいのと、
長年同じクルマに乗り続ける方が、このブログをみて、少しでも勇気づけてもらえたら、そう思い立ち上げました。


最近の投稿
空調調節ダイヤル破損で空回り [各種スイッチの不良]
ステアリング・ロック到着。装着。
善良な一般の方の、CR-Xデルソルに対する間違った見解誤解を正しますX
後期型よりも稀少種、ローザンヌグリーン・リミテッドエディション
市販ステッカー作成シートの耐久性はせいぜい2年
高くてもディーラー車検を行う理由。



nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の1件 | -
スポンサードリンク
CR-Xデルソルに30万キロ乗りつづけて all right reserved

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。