So-net無料ブログ作成
検索選択

昨日の、「クラッタペダルの遊び増大」の原因。 [・ギアが入らない]

念のためホンダカーズに電話してきいてみたところ、
「クラッチペダルの突然の遊び増加は、クラッチフルード漏れが原因によるところが大きいです。早めに修理をしないと、いずれクラッチがきれなくなります」
という、かなり深刻かつやばい状態であることがわかりました。


エンジンルームのリザーブタンクみてみると、
MINラインよりはるか下、というより空ッケツ状態。

d16A エンジンルーム
(黄色い丸印が、クラッチフルードのリザーブタンク)

なぜこれを先日のうちに気づかなかったのか激しく自分のおろかさを反省。




というわけで、急遽ホンダへいくことに。






と、おもったのですが。

とき、すでに遅し。




ギア、はいらねーーー!!!




どんだけふみこんでも、ギアが入ってくれませーーーん。




じかんがたつと、ふつうにもどった

のを思い出し、
理屈はわからないがとにかく何度もクラッチペダルをふみふみして、

なんとか、入ってくれるようになりました。
そのままその足でホンダへ。

1泊2日の修理となり、
本日マスターシリンダー一式交換というリフレッシュ修理を完遂し帰ってきました。
16000円。


故障のたびに、その箇所をリファイン。
少しずつですが、コンディションを整えつつあります。
そのたびに走らなくなるのはお呼びじゃないけど。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク
CR-Xデルソルに30万キロ乗りつづけて all right reserved

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。