So-net無料ブログ作成
検索選択

ブレーキランプが消えなくなった。原因は、ペダル側に。 [◆故障と修理費のこと(全般)]

ブレーキランプが消えなくなった記念。 
原因はペダル側にあり、踏むとランプ点灯させるセンサーのあたりに樹脂系パーツがあり、これが経年劣化で粉砕しつきっぱなしになった、が、原因でした。  
90年代のホンダ車にお乗りのみなさま、そろそろありますかもと、営業さんから警告受けましたので、ちょっとだけ気にしておいてくださいませ。  
ちなみに修理費は技術料ゼロの部品代141円なり。修理に要する時間は、あたらしい樹脂パーツをつけるだけなので2-3分。 
制動装置なので素人が手を出さない方が安全とみたので任せたのですが、自分でできたかも^^

ブレーキランプ消えなくなった.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサードリンク
CR-Xデルソルに30万キロ乗りつづけて all right reserved

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。